Our Story

「伊勢国一の鳥居」を有し、伊勢国の玄関口、交通の要衝として時を刻んできた桑名。
ここには尾張国と伊勢国を結ぶ東海道五十三次で唯一の海上路があり、その距離が七里(約28キロ)であったことから「七里の渡し」と呼ばれていました。

CASA WATARIの名は、江戸時代より多くの旅人たちが集い、行き交ったこの「七里の渡し」にちなんだものです。
はじまりは、曽祖父が桑名の名勝・六華苑(旧諸戸清六邸)を築いた諸戸家より譲り受けた明治時代です。
明治、大正、昭和、平成、令和と5つの時代を経て、築130年にもなります。
このたび創建以来初となる大規模なリノベーションによって、六華苑の北にひっそりと佇むスモールラグジュアリーな空間に生まれ変わりました。

 この地と家の歴史に思いを馳せて、

人と人、場所と場所、時代と時代を渡し続けながら、素敵な偶然(セレンディピティ)を創出する古民家宿でありたい

という想いを込めて、次世代までこの遺産を大切に引き継ぎます。

番頭(Successor)

 

 

Rooms

木曽三川の自然の恵みを受ける水郷の町・桑名。
雄大な揖斐長良川の流れを望む桜堤をちょっと下ったその先に、ひっそりと佇むスモールラグジュアリーな空間がCASA WATARIです。

五本松がトレードマークのお庭の中に、それぞれが独立した家屋となる趣きの異なる二棟をご用意しています。

− 離れ (41㎡)−

母屋からつづく小路の奥、四季折々に表情を変える木々に囲まれた平屋建ての離れ。
北に大きな五本松を眺め、鳥のさえずりも聞こえてきます。
バスルームには檜葉風呂をご用意いたしました。
浴室全体が木の香りに包まれ、まるで森林浴のようなバスタイムをお楽しみいただけます。

ベッド2台、畳間に布団2枚で最大4名様までご利用可能です。

− 蔵 (41㎡)−

ひときわ静かな時が流れる2階建ての蔵。
庭を眺めながら寛げるリビングから階段を上がると、南の窓に六華苑の洋館が望めます。
バスルームには、背もたれに心地良い角度をつけた十和田石の浴槽をご用意しました。
湯に浮遊する感覚で癒しの時間をお楽しみください。

2階に布団3組、1階にソファベッド1台で最大4名様までご利用いただけます。

Servises

木曽三川の自然の恵みを受ける水郷の町・桑名。
雄大な揖斐長良川の流れを望む桜堤をちょっと下ったその先に、ひっそりと佇むスモールラグジュアリーな空間がCASA WATARIです。

  • チェックイン 16:00~21:00
  • チェックアウト 10:00
  • コンシェルジュデスク 16:00~21:00
  • ラウンジ 8:00~21:00
  • 朝食 8:00~9:30LO(事前予約制)
  • 駐車場
  • 備品
  • お願い(音、お子様、禁煙、夕食)

Dining

将来の夕食提供に向けて準備を進めておりますが、現在はまだ夕食オプションを提供できていません

地元名産のハマグリや松坂牛など、お好みに合わせて桑名の飲食店をご紹介します

旅先でのすてきな夕食をお楽しみください

Town Guides

当ホテル周辺のお食事処、観光スポットのご案内

  • Restaurant
  • Food
  • Shopping
  • Sightseeing
  • ONSEN
  • Festival

Acsess

  • 三重県桑名市桑名663-7
    *駐車場の入口は、スーパーマーケット・バロー(valor)の看板が目印となる広い通りに面しています。

     

    列車(*桑名駅までの送迎あり)

    • 東京⇒(新幹線)⇒名古屋⇒(JR/近鉄)⇒桑名   約2時間20
    • 京都⇒(新幹線)⇒名古屋⇒(JR/近鉄)⇒桑名   約1時間10
    • 中部国際空港⇒(名鉄)⇒名古屋⇒(JR/近鉄)⇒桑名   約1時間20

    バス(*桑名駅までの送迎あり)

    • 中部国際空港⇒(三重交通バス)⇒桑名   約1時間20
    • 長島温泉⇒(三重交通バス)⇒桑名   約25

    • 東京⇒(新東名・伊勢湾岸)⇒湾岸桑名IC⇒(一般道)⇒ホテル   約4時間20
    • 京都⇒(新名神・東名阪)⇒桑名IC⇒(一般道)⇒ホテル   約1時間15
    • 中部国際空港⇒(知多半島道路・伊勢湾岸)⇒湾岸桑名IC⇒(一般道)⇒ホテル 約50
    • 長島温泉⇒(一般道)⇒ホテル   約20